オススメリンク
希望の墓石があるなら一度申し付けください「巣鴨石材」
横浜で後悔しない葬儀ならこちらにお任せください。|(有)昭和典礼 ナムズ葬祭
葬儀を八王子でお願いするなら親身になって相談に乗ってくれるこちらがオススメです。|八王子セレモニー
墓石の値段というのは石の材質やデザイン…また、石材店によっても随分変わってきます。まずはこれにしたいという物を決め、その後に見積もりや値段の相談等をしていくのがいいでしょう。
アーカイブ
カテゴリー
線香の台

火葬とは、葬儀の際に亡くなった方の遺体を燃やして葬ることを指します。

現在の日本では、遺体を遺骨にしなければいけない決まりが法律で定められていますので、主に火葬を行うことが一般的となっています。後には遺骨を墓石に納骨することで、一通りの流れが終わるようになっています。

時代によっては、遺体をそのまま土の中に埋める土葬が中心となっていましたが、現在では法律によって土葬をしてはいけない決まりに定められています。

日本の火葬の歴史
日本の火葬の歴史は、仏教にみる説がもっとも可能性がたかいとされています。

古代書籍の「続日本紀」によると、西暦700年に日本で最初に行った人物がいると記述されています。

当初は、貴族や一部の僧侶だけで、一般庶民は土葬や風葬といったものがふつうでした。

そして時代がすすむにつれて、埋葬地の問題や衛生面の問題で土葬などが徐々に減り、今では火葬が一般的なものになっています、また法律でも定められています。

今後も、こういった状況が続くでしょう。

墓石

人が亡くなると、たいていの場合は自宅に連れて帰り、そこから葬儀会社へ移動して通夜や葬式が行われます。しかし、身寄りがいない人や、葬式をしても参列者がほとんどいない場合には、葬式を挙げずに直接火葬をする場合があります。

この方法は直葬とよばれていて、都会を中心に増加してきている葬送のひとつです。きまりとして死後24時間たたないと焼却することができないため、24時間たってから焼却します。20万円ほどで行うことができます。

墓石についての説明
墓石とは、亡くなった人の遺体を納めた場所にしるしとして設置するものです。材質となる石は硬くて水に強く長持ちするものが良いとされていて、日本では一般的に花崗岩や安山岩、閃緑岩などの石材が使われています。

お墓に遺骨を納める時期は特に決められていませんが、葬儀を行って遺体を火葬した後、四十九日の法要前から一周忌までに納めるのが通例です。納骨をするときは、石材店や墓地の管理者に墓石のふたを開けてもらう必要があります。

お墓の石

墓石は、かつては家族などの身内や、親族などの縁者が亡くなった場合に、遺骨を納めたところに建てる石碑のことでした。先祖代々の名前を刻むので、耐久性に優れた石材を選ばれることが一般的でした。

最近では、墓石を必要としない葬儀もあり、子や孫などの後継者がいない人たちから関心が寄せられています。また、火葬のみをして埋葬されるケースも増えており、信条やライフスタイルを反映させていることから、今後も多様化が見受けられると予想されています。

「墓石」についてのお役立ち情報
墓石には産地、等級などによって様々な価格があります。一点ずつの受注により生産するので一概に価格を決定できません。価格は加工料から据え付けまでの費用が含まれているのが一般的ですが、文字や家紋の他に、特殊な彫刻などを刻む場合には別途料金が必要になります。また、塔婆立てや墓誌などの付属品を作る場合にも別に費用がかかります。

墓石は何度も建てかえることがないので、余裕を持って予算を立てておくことが大事です。

カレンダー
2014年8月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031